給食週間3日目

今日は給食週間3日目。南北アメリカ代表のメキシコ料理でした。

古代文明とスペイン植民地時代の影響が混ざり合っているのがメキシコ料理の特徴です。

「チレ」と呼ばれる唐辛子をトマトに加えて作った「サルサ」ソースを使った「鶏肉のサルサソース」。トウモロコシの粉で作ったトルティーヤにのせて食べました。アステカ時代から続くメキシコの伝統料理の「ポソレ」。マヤ族やアステカ族の先住民が疲労回復の薬として使っていた「カカオ」は、チョコレートクリームで食べました。子供たちは、初めてのメキシコ料理に興味津々で食べました。

<今日の献立>

コッペパン・牛乳・鶏肉のサルサソース・ポソレ・トルティーヤ・チョコクリーム

 

カテゴリー: 行事 パーマリンク